お金がないときに借りることが怖いという方へ

借りることを怖いと思い込んでいるからお金がないのです。
友人間での金銭の貸し借りはあらゆるトラブルの元になるので、しないほうが良いです。
しかし、だからといってお金を借りること全般が悪いこととは限りません。
だったら、貸金業界というものが存在しているのはおかしいことになります。
なぜあなたが怖いと思い込んでいるのかを、当ててさしあげます。


お金がないときは弱気になっている

これまでにキャッシングを利用したことがない方は、お金がないときに借りるという考えがまず出てきません。
それは、偏見で悪いものだと決め付けているからです。
しかしそれは間違いで、本当はお金がない弱気なときにキャッシングというよくわからないものを利用するのが怖いからです。
キャッシングのことを良く調べれば調べるほど、健全なものだということがわかります。


現在のキャッシングはとても健全

つい最近の2010年に、貸金業の金利に関する大幅な法改正が行われたため、現在のキャッシング会社はとても健全になりました。
何が変わったか端的に説明いたしますと、それまで認められていたグレーゾーン金利というおよそ30%もの上限が引き下げられ、20%以下にしなければ処罰対象になるようになりました。
しかも、10万円以下のキャッシングでなければ20%も金利はつかないので安心です。
カードローンなどの少額キャッシングではその金額を借りることもありますが、初めてご利用される場合は金利ゼロの無利息サービスがあるので心配ありません。