お金がない時にキャッシングを利用して感じたこと

かくいう私も、キャッシングを利用したことがありませんでした。
フリーター時代はよく「お金がない~」と嘆いていたものです。
独断と偏見で語るのは良くないなと思い、実際に一連の手順を行ってきました!
今回は、その流れを体験談と一緒にご説明いたします。


お金がないと感じたらインターネットで検索

当時の私はあまり貯金をせず、欲しいものがあったら我慢せずに買っていました。
そのときも最新のPCを奮発して購入したのはいいものの、お恥ずかしい話ながら次の給料日までお金が足りなくなってしまいました。
宝の持ち腐れにならないために、そのPCで「お金がない」と検索したのを覚えています。
すると、節約術などと一緒にキャッシング会社のホームページが出てきます。
開いてみるととてもわかりやすい配置で、すぐに申し込みを始めることができました。
のちにわかったことですが、インターネット以外でも、電話や郵送、さらにスマートフォンからでも申し込むことができるようです。


申し込みからキャッシングまではあっという間

フリーターだったので、「半分本気半分冗談」という淡い気持ちで申し込んだのですが、あっさり審査に通過することができました。
フリーターだったけれど勤務期間が2年以上あったことや、少ないけれど収入が毎月安定したことが通過できた要因と言えます。
そのまま近くのローン契約機に行って、ものの数分でカードローンを契約、その場でキャッシングすることができました。
「こんなに簡単ならもっと早くから利用すればよかった」と感じたのを覚えています。
その後も、利息に気をつけながら計画的に利用することで、お金がないときでもチャンスを逃さない充実した生活を送りました。

カードローンを利用してお金がない問題に立ち向かう

「そこまで大金が必要なわけではないけれど、ちょっとしたお金がない」というときは、カードローンを利用することをおすすめします。
なぜなら、少額キャッシングにもっとも向いている方法だからです。
面倒な手続きがなく最短30分で発行できるキャッシングなので、気軽に申し込むことが出来ます。
お金がない方は必見です!


お金がない時のちょっとした資金不足

「数十万円も借りたいと思うことはなくても、数万円は借りたい」こんなときこそカードローンの出番です。
お金がないときに限って、そういった機会がやってきてしまうものです。
そんなときは、すかさずキャッシング会社を検索しましょう。
親切設計なホームページから申し込みが簡単にできます。
インターネットから申し込みをすれば審査が終わるまで自由に行動できるので、その間に最寄りの支店やローン契約機に移動して、その場でお金がない問題解決です!


お金がないときに重宝する

1度だけなら友人に頼み込んでなんとかなることもありますが、2,3度もそういった機会があると難しいものです。
こんなときにもカードローンが便利で、限度額内なら自由に借り入れを利用することができます。
同様に返済も好きな時にできるので、自分のペースで早く返しきることも可能です。
チャンスは1度逃してしまうともうやってこないこともあるので、お金がないときのためにこのページのような情報を知っておくことも重要です。

お金がないときに借りることが怖いという方へ

借りることを怖いと思い込んでいるからお金がないのです。
友人間での金銭の貸し借りはあらゆるトラブルの元になるので、しないほうが良いです。
しかし、だからといってお金を借りること全般が悪いこととは限りません。
だったら、貸金業界というものが存在しているのはおかしいことになります。
なぜあなたが怖いと思い込んでいるのかを、当ててさしあげます。


お金がないときは弱気になっている

これまでにキャッシングを利用したことがない方は、お金がないときに借りるという考えがまず出てきません。
それは、偏見で悪いものだと決め付けているからです。
しかしそれは間違いで、本当はお金がない弱気なときにキャッシングというよくわからないものを利用するのが怖いからです。
キャッシングのことを良く調べれば調べるほど、健全なものだということがわかります。


現在のキャッシングはとても健全

つい最近の2010年に、貸金業の金利に関する大幅な法改正が行われたため、現在のキャッシング会社はとても健全になりました。
何が変わったか端的に説明いたしますと、それまで認められていたグレーゾーン金利というおよそ30%もの上限が引き下げられ、20%以下にしなければ処罰対象になるようになりました。
しかも、10万円以下のキャッシングでなければ20%も金利はつかないので安心です。
カードローンなどの少額キャッシングではその金額を借りることもありますが、初めてご利用される場合は金利ゼロの無利息サービスがあるので心配ありません。

お金がないときは借りるという選択肢

お金がないときは、真っ先に「我慢する」という選択肢が出てくるのがわれわれ日本人ですが、そこはポジティブに考えて「借りる」という選択をおすすめします。
そう教わってきたせいか、われわれは「お金を借りる」ということに関して非常に強いマイナスイメージをもっています。
しかし、それはこれまでの人生でキャッシングを利用してこなかった故の偏見であります。
その意識を変えるためにも、少しこのページをご覧になってください。


お金がないときは借りるしかない

お金がないときは我慢するしかないと思い込んでいる方が多いですが、それは間違いです。
借りればその場を乗り切ることが出来ます。
ではなぜ借りることがマイナスイメージをもっているのかというと、無計画にお金を使う人がしてしまいがちな行動だからです。
何をするにしても無計画というのは失敗しやすいものです。
ことお金に関しては、普段よりも綿密な計画をたてる必要があります。
そのため、友人間でお金の貸し借りをするよりも、プロであるキャッシング会社に頼るべきなのです。


「貸し借り」と「キャッシング」の違い

友人間でのお金の貸し借りとキャッシングの大きな違いは、借りた分だけの利息と一緒に返済しなければならないことです。
その代わり、数千円や数万円といった金額ではなく、数十万円という金額を借りることが出来ます。
そのためには、返済計画をある程度たてておかなければいけないのです。
返済日などの決まりごとを守れば、カードローンという便利なキャッシング方法を利用することもできます。
これまで我慢してきたせいでチャンスを逃してしまっているという自覚があるならば、この機会に借りることを覚えてみてはいかがでしょうか。